人材派遣・人材紹介のしくみ

     

人材派遣・人材紹介の違いについてご説明します。

     説明

人材派遣のしくみ

     

人材派遣は、派遣会社(派遣元)と就職希望者が直接雇用契約を結び、

職場(派遣先)に「派遣スタッフ」としてそのスタッフを就業させる仕組みになっております。

通常の就業は異なり、給与は派遣元から支払われ、勤務先から支払われません。

福利厚生も派遣元のものが適用されます。派遣先で不当な扱いを受けた場合は、

派遣元に訴え改善を要求する事ができます。

      

派遣は以下の3種類に分けられます。

①.一般派遣(登録型派遣)

  最も一般的な派遣の形態になります。就職希望者が派遣会社に登録をし、

  派遣会社からの条件明示があった時のみ就業、雇用契約が発生します。

  その後は派遣先の企業で契約期間就業をします。

②.特定派遣(常用型派遣)

  自社で雇用しているスタッフ(正社員または契約社員)を派遣先企業の求めに

  応じて就業させる形態になります。

  【メリット】

・どこにも派遣されていない状態でも派遣元である派遣会社に雇用されているため、

 安定した収入を得ることが出来ます。

  【デメリット】

・契約期間が終了すると、職場が変わっ

 てしまい、新たに人間関係を構築する必要があります。

・派遣先会社の正社員と比べると、給与、福利厚生が劣る場合があります。

・直接雇用されているため、会社の指示に従わなければならず、仕事を選ぶことが出来ない。

 などがあります。

  株式会社プライマリーはこちらの形態をとっております。

③.紹介予定派遣

  派遣先企業の正社員(または契約社員)に採用されることが前提の形態になります。

  採用されるには、派遣期間の終了後、派遣先企業との合意が必要になります。

  派遣期間中に、仕事内容や会社を見極めることができます。

人材紹介のしくみ

    

人材紹介は、人材紹介会社(紹介元)が人材をお探しの取引先業に人材(就職希望者)を紹介し、

採用が決定した場合は雇用契約を取引先企業と就職希望者が結びます。

人材派遣との違いは、紹介元が就職希望者と雇用契約を結ばない点にあります。

給与、福利厚生も取引先企業のものが適用されます。

 
  • 人材派遣
  •         人材派遣の求人一覧          
  • 人材紹介
  • 人材紹介の求人一覧        
  • 本社のお仕事
  • 本社のお仕事一覧
    Page Top